クレジットカード関連ニュース
ROBOTEER  2016年08月01日更新

韓国・大手銀行3社を軸にフィンテック育成に本腰

    このエントリーをはてなブックマークに追加  
photo by ddaily.com

韓国の最大手3大金融グループがフィンテック(Fintech)育成に乗り出し、関連技術への投資に拍車をかけている。
新韓金融グループは、昨年5月からフィンテック企業に対する協力プログラムを推進している。「フューチャー・ラボ(Futures Lab)」と呼ばれる同プログラムは、応募の中から選ばれた企業のフィンテック研究事業を、新韓金融が全面的にサポートする。
今年、同プログラムには78社が応募したが、そのうち16社が選定された。昨年5月の発足当時、 68社が応募し、7社が選定されたことに比べれば、規模が一年で2倍以上増加したことになる。選定の規模を増やした理由には、フィンテック企業を長年のビジネスパートナーとして最優先するという新韓金融の戦略が反映されている。
今年初め、同社は 主要戦略キーワードでもデジタル金融を掲げた。育成期間が終了したフィンテック企業とも引き続き提携を結び、企業間の連帯を強めたい考えだ。新韓金融の関係者は「長期パートナーシップの構築と信頼性のある企業との協業は、同プログラムの強みであり、既存のプログラムとは大きく違う」と説明している。 また、フィンテック企業のグローバル進出も積極的に支援する構えだ。
新韓銀行は、7月22日に英ロンドンで開催されたフィンテック分野のスタートアップ育成イベント「フィンテック・デモデイ(fintech Demo Day)」にて、英現地フィンテック企業や研究所を含めた5社と、戦略的業務提携のための了解覚書(MOU)を締結したと発表した。 新韓金融の関係者は「当社の育成プログラムは今後、フィンテック企業のグローバル成長を支援する中長期計画を立てて、グループのグローバル主要拠点を拡張する予定だ」としている。
KB国民金融グループも、フィンテックスタートアップ集中育成プロジェクト「KBスターターズバレー(KB Starters Valley)」を本格的に推進する。 昨年3月KB フィンテック HUBセンターの発足と同時に推進されたこのプロジェクトは、技術力と事業性を取り揃えたスタートアップ企業を発掘して、研究施設だけでなく、投資、人材育成、連携事業の推進など、幅広い支援を提供する。  KBスターターズバレーの研究施設には昨年、移動型電気自動車の充電機器開発メーカー「ジオライン」と個人の駐車共有プラットフォーム企業「イノオン」が入居しており、今年は認証技術特許保有会社「ジコードイノベーション」などが新たに入居する予定で、技術開発と連携事業推進に注力している。
KB金融グループはスタートアップ企業に対する支援をさらに拡大する予定だが、現在はKBフィンテックHUBセンターを中心に支援体系を運営している。この5月には、同プロジェクトを通じて「タッチワークス」、「ロックインカンパニー」、「センバード」、「ラインワークス」の4社が選定された。
選定された4つの企業は、KB系列会社が推進する多様な事業に、自社の開発技術やサービスを提供する提携パートナーとして参加することになる。KB金融側の関係者は「KB金融グループとの連携をきっかけに、フィンテックスタートアップにより多くの事業拡大の機会が生まれることを期待している」と話している。
上記2社に遅れをとりながらも、ウリ銀行は7月18日、フィンテックスタートアップ育成プログラムである「ウィビー・フィンテック・ラボ(WiBee fintech Lab)」プロジェクトを立ち上げ、スタートアップの選考手続きを始めたと発表した。6月27日から企業の受付を始め、7月17 日に締め切った。 ウィビー・フィンテック・ラボは、スタートアップの選抜・育成、投資過程で専門性を備えるために、国内外の対韓投資パートナーやベンチャーキャピタルとの協業システムも備えている。選定された企業に対して、専門家集団へのアドバイス、ソリューション導入、持分投資などを支援する方針だ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  
このニュースが気に入ったら
「いいね!」 をしよう

コメント(0件)
お名前
E-Mail
コメント

クレジットカード絞り込み検索

国際ブランド
年会費
カードの種類
保険・補償
マイレージ
電子マネー
機能・特徴
キーワード

只今の該当件数:249

この条件で検索