クレジットカードの手数料について

クレジットカードの発行手数料

ほとんどの場合、クレジットカード発行時に手数料が発生することはありません。
ただし、「家族カード」や「ETCカード」等の子カードを発行する場合には発行手数料や別途年会費も発生する場合があります。
また、単独のクレジットカードではありませんが、電子マネーカードをクレジットカード内蔵型ではなく、 別カードとして発行した場合に300円から500円程度の発行手数料が必要になることもあります。
紛失などでカードを再発行する場合は手数料がかかります。

クレジットカードの解約手数料

ごく一部のカードを除き、基本的にはクレジットカードを解約する際に手数料がかかることはありません。
解約手数料が発生するカードの一例として「JCB CARD EXTAGE」が挙げられます。 解約手数料は2,100円で、カード入会から5年以内に解約した場合に解約手数料が発生します。 入会から5年経過すると自動的にJCB一般カードに切り替えられます。

クレジットカードの金利手数料

金利手数料がかかる場合とかからない場合を整理します。

金利手数料がかからない場合

  • 一括払い
  • 2回までの分割払い
  • ボーナス一括払い(稀にかかる場合があります。)

金利手数料がかかる場合

  • 3回以上の分割払い
  • ボーナス2回払い
  • リボルビング払い

リボルビング払いとは

リボルビング払いとは、月々の支払いを一定にする支払い方法ですです。(以下リボ払いとします)
例として、

今月 クレジットカードで25,000円を利用
翌月 クレジットカードで12,000円を利用

リボ払いを毎月1万円に設定してあった場合、上記の利用額でも毎月引き落とされるのは1万円となります。 (※高額の決済をした場合は、一時的に引き落とされる金額が増える場合もあります。)
支払いが毎月同じなので家計の管理はしやすくなるメリットがありますが、6回をこえるような買い物をすると、分割でクレジットカードを利用するより、 金利が高くなるケースがあります。また、利用額が大きいと支払いがいつまでも続くというデメリットがあると言えるでしょう。
リボ払いの場合は通常の分割より、金利や手数料が高いことにも注意が必要です。
先のリボ払い設定金額を1万円にした場合で説明させていただくと、ある月に家電製品が壊れ、 10万円の家電製品をリボ払いで買った場合、金利手数料を含めて、支払っていけば、10回+数回で支払いは終わるはずです。 しかしながら、普段の月も1万円程度、公共料金をリボ払いしていると家電製品の代金の支払いは、なかなか終わらず、 余分な支払いを長期間行うことになります。
また、支払い金額が毎月一定のため、金利・手数料を把握しづらい点も挙げられます。
リボ払い自体が悪いわけではありませんが、カードによってはリボ払い専用のカードもありますので、クレジットカードを作る時は注意してください。

クレジットカードで買えないもの

今はクレジットカードで何でも購入できる時代です。けれども、特定のものを大量に購入したり、短時間で何回も繰り返すと、 クレジットカードが使えなくなる場合があります。
例えば、新幹線の回数券などの金券やパソコン・ゲーム機などです。
これは「換金目的」として、換金業者に不正利用されるのを防ぐためです。
もちろん、パソコン1台を購入したからといって、使えなくなることはありません。 何台も短期間に購入すれば、不審に思われてもしかたありません。

クレジットカードを紛失したら

クレジットカードは、普段を肌身離さず持っているのが望ましいです。
仮に、紛失や盗難があっても短時間で気が付きます。
いつも保管してあるところにクレジットカードが無ければ、迷わず「紛失届け」の電話をしましょう。 「再発行」の手数料がかかりますが、不正利用された場合の損害に比べれば安いものです。

クレジットカードの処分方法

クレジットカードの有効期限切れや有効期限前に使えないようにする場合、注意が必要です。
クレジットカードにはいろいろな情報が含まれています。 特に最新のICチップを搭載したカードはそのICチップ部分(金色の四角い部分)に必ずハサミを入れるようにしましょう。

クレジットカード絞り込み検索

国際ブランド
年会費
カードの種類
保険・補償
マイレージ
電子マネー
機能・特徴
キーワード

只今の該当件数:246

この条件で検索