日本におけるクレジットカードの歴史

1950年にアメリカで誕生したクレジットカードは、10年の時を経て1960年に日本にも上陸しました。ここでは日本でのクレジットカードの歩みについて見ていきましょう。

日本でのクレジットカードの始まり

クレジットカードの本質は「信用貸し」、つまりその人に支払い能力があると判断されれば、カード会社が一時的に支払いを立て替える、という点にあります。クレジットカードが上陸する前の日本には、既に割賦や月賦と呼ばれる分割払いのシステムがありました。これは19世紀の終わりに呉服屋の丸善が商品の代金を毎月分割で集金したことが始まりと言われています。

日本ではこの分割払いシステムを引き継ぐ形でクレジットカードが普及したため、発祥の地であるアメリカとは少々クレジットカードの位置付けが違います。アメリカではクレジットカードはその人の支払い能力、さらには信頼度を表すステータスとしての意味合いが強く、分割払いなどはあまり一般的ではありません。一方、日本ではクレジットカードの普及当初から分割払いなどのシステムが整備され、クレジットカード=一時的な借金、支払いを先延ばしにする手段というイメージがついてまわるものでした。

1960年日本で初めてクレジットカードが発行

1960年に日本初のクレジットカードを発行したのは、日本ダイナースクラブと呼ばれるカード会社であり、みずほ銀行の前身である富士銀行とJTBの前身である日本交通公社による共同出資で誕生しました。 実は、がクレジットカードのシステムを誕生させた当初、「クレジットカード」とはサインのある小冊子のようなものでした。現在のようなプラスティック製のクレジットカードは、ダイナースクラブが日本に進出する際に開発したものだと伝わっています。「クレジットカード」発祥の地は、実は日本であったとも言えるのです。

クレジットカードの普及

日本ダイナースクラブに続き、1961年には日本クレジットビューロー(現JCB)が旧三和銀行と日本信販の共同出資で誕生しました。1967年にはダイヤモンドクレジット(現DCカード)、住友クレジットサービス(現三井住友カード)、翌年の1968年にはミリオンカードサービス(現三菱UFJニコス)、次いで1969年ユニオンクレジット(UCカードを経て現在はクレディセゾンに吸収)が設立され、「銀行系カード会社」と呼ばれる大手6社が出そろいました。

銀行系カードと同時に相次いだのが、大手百貨店のハウスカードの発行です。1962年に東武百貨店、小田急百貨店、松屋がそれぞれハウスカードを発行しました。さらに1963年に伊勢丹、松坂屋、1964年には京王百貨店、近鉄百貨店がそれぞれハウスカードを発行しまし、百貨店業界に一気にクレジットカードが定着しました。

クレジットカードの誕生当初、海外でも利用可能なカードを発行していたのは日本ダイナースクラブのみで、他のカード会社が発行していたクレジットカードは、日本国内のみでしか利用できませんでした。その流れを変えたのがJCBです。JCBは1967年にアメックスと提携し、JCBカード会員に対しアメックスの海外専用カードの発行を始めました。さらに1968年住友クレジットがバンク・オブ・アメリカカード(現VISA)の海外専用カードを、1970年以降になるとDCカード、ミリオンカードなどのカード会社が相次いで、アメリカのマスターチャージカード(現MasterCard)の海外専用カードを発行し、日本のクレジットカード業界の国際化が始まりました。

海外でも利用可能なカードに

そして1978年、国内でも海外でも1枚で使えるインターナショナルカードが日本ダイナースクラブより発行されました。1980年には住友クレジットがVISAと提携を結び、国内外共通の住友VISAカードを発行しました。

その後も1978年にアメックスが年会費1万円の国内外共通カード「ゴールドカード」を発行したり、1987年に日本信販が、VISAとMasterCardという2大ブランドの国内外共通カードを発行する「デュアル発行」を初めて行うというような進化が続きました。こうして、日本においてもクレジットカードが私たちの生活に定着するようになっていったのです。

クレジットカード絞り込み検索

国際ブランド
年会費
カードの種類
保険・補償
マイレージ
電子マネー
機能・特徴
キーワード

只今の該当件数:234

この条件で検索