クレジットカードの5大国際ブランド

クレジットカードの5大国際ブランド

クレジットカードの表面を見ると、必ず「JCB」や「VISA」といったロゴがついていると思います。
これがクレジットカードのブランドと呼ばれるものです。
ブランドの役割を一言で表すと、クレジットカードを幅広いところで利用できるようにすることです。
そしてカードの利用に必要な決済システムを開発・運営し、カード利用のための共通ルールを作っています。

クレジットカードのブランドの中でも「VISA(ビザ)」「MasterCard(マスターカード)」「JCB」「AMERICAN EXPRESS(アメリカン・エキスプレス)」「Diners Club(ダイナーズクラブ)」の5つは5大国際ブランドと呼ばれ、世界中で発行されているクレジットカードの大部分がこのどれかに入っています。
最近ではこの5つに加え、中国での主要ブランドである「銀聯(ぎんれん)カード」も世界各地に広まっています。

カードを発行する会社はこれらの国際ブランドいずれかと契約し、自社カードの利用者を集めていきます。 なお、JCBやアメックスは国際ブランドとカード発行会社という両方の側面を持っています。

ブランドの特徴

VISA(ビザ)

世界最大規模の加盟店数と決済ネットワークを持つ。日本の汎用性も高く、1枚だけクレジットカードを持つならばVISAという存在のブランド。

MasterCard(マスターカード)

VISAと並ぶ米国の二大ブランド。世界規模での加盟店数はVISAに劣るが、日本国内での加盟店数はVISAとほぼ同じ。

JCB(ジェーシービー)

国際ブランドの中で唯一の日本発ブランド。日本国内ではナンバーワンの普及度で、ポイントなどのサービスも充実。ただし、海外での利用は日本人が多く訪れるような観光地が中心。国によってはほとんどJCBカードが利用できない場合もあり、注意が必要。

AMERICAN EXPRESS(アメリカン・エキスプレス/アメックス)

世界各国で旅行やエンターテイメントに関する優待やサポート制度が充実している。JCBと提携しており、JCB加盟店の多くでアメックスカードも利用できます。

Diners Club(ダイナーズクラブ)

カード発行の審査基準がきわめて厳しいことで知られ、いわゆる「エリートステイタス」として持たれることも多いカードです。

「ペイメントカード」と「トラベル&エンターテイメントカード」

全体として、VISAとMasterCardは「ペイメントカード」と呼ばれることもあり、世界中で迅速で安全な代金の支払いを実現すべく、加盟店の開拓やネットワークの整備、防犯対策に力を入れています。

一方、JCB、アメックス、Diners Clubは「トラベル&エンターテイメントカード」とも呼ばれ、ホテルやレストラン、レジャー施設など、旅行や娯楽分野での利用をメインとした加盟店展開を行ってきました。JCBは世界約60カ国に日本語対応のサービス窓口を設けて旅行者へのきめ細やかなサービスを行っていたり、アメックスやDiners Clubちなみに、それぞれのブランドはそれぞれの決済システムを持っているため、VISAのみに加盟している店舗ではJCBのカードを使用するようなことはできません。そのため、複数のブランドのカードを持っていれば、その分クレジットカードで決済できる店舗は多くなります。

現在世界で発行されているカードの90%程度がVISAかMasterCardのどちらかであると言われています。
日本ではJCBの存在感が高いですが、やはり日本ブランドであるため、海外に行くと使えないこともあるようですので、海外に出掛ける際にはVISAかMasterCardのどちらかのブランドのカードを1枚持っていくと安心ではないでしょうか。

クレジットカード絞り込み検索

国際ブランド
年会費
カードの種類
保険・補償
マイレージ
電子マネー
機能・特徴
キーワード

只今の該当件数:234

この条件で検索