クレジットカード得するコラム
2013年12月26日更新

長期休暇期間などの繁忙期にマイルで航空券を予約するワザ!

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

年末年始やゴールデンウィーク、お盆休みなどの繁忙期に海外旅行を計画する場合、ネックとなるのが航空券の桁外れの高騰です。
ピーク時には閑散期の数倍という価格になってしまう航空券代金。
しかし会社勤めをしているとカレンダー通りにしか休暇が取れず、泣く泣く繁忙期の高額航空券で旅行に出掛ける方も多いのではないでしょうか。

一方、どんな繁忙期でも、特典航空券への交換に必要なマイル数は大きく変わりません。
ANAは特典航空券の交換レートにシーズン制を導入しているため、繁忙期と閑散期では、必要なマイル数が国内線で最大7,000マイル、国際線で最大20,000マイル変わりますが、それでも航空券価格のように数倍になるわけではありません。

当然ながら繁忙期の特典航空券予約は競争率も高く狭き門です。
しかし、もしも繁忙期に貯めたマイルを使って特典航空券を予約することができれば、まさに値千金、1マイル当たりの換算単価が最も高いマイルの使い方になるのです。

では繁忙期に特典航空券を予約するためにはどうしたら良いのか、その手段をご紹介します。

<ステップ1>予約開始日の予約開始時間にアタック!

特典航空券には予約開始日が決められています。
国際線の場合、JALは搭乗330日前の午前10時から、ANAは搭乗日355日前の午前8時から予約を受け付けています
。国内線の場合、JAL、ANA共に搭乗日2か月前の午前9:30から予約開始となります。
往復で予約する場合、JALは往復の搭乗日が共に330日前を過ぎていないと予約できませんが、ANAは復路がまだ予約開始日前でも、往路と同時に予約することができます。

繁忙期の特典航空券を狙うならば、予約開始日の予約開始時間に予約を入れるべくチャレンジすることが鉄則です。
国際線の場合、ほぼ1年前の予約になりますが、とにかく行き先だけは決めて予約を入れてしまいましょう。

特典航空券の予約後でも、発券から1年以内であれば、無料で日時の変更が可能です。(燃油サーチャージ、税金等の差額は別途必要)
発着地の変更はできませんが、JAL、ANAともに3,000円または3,000マイルを支払えばキャンセルも可能です。
普段ならば痛い出費ですが、数十万円の航空券を買うことに比べたら、多少キャンセル料のリスクを負ってでも特典航空券を予約してしまった方が良いのではないでしょうか。

<ステップ2>JAL、ANA以外の提携航空会社にアタック!

JAL、ANAで希望日に特典航空券の予約が取れなかった場合、次はJAL、ANAそれぞれが提携している航空会社の特典航空券にチャレンジです。
JALは「ワンワールド」、ANAは「スターアライアンス」という加盟しているので、同じアライアンス内の航空会社であれば、JALやANAで貯めたマイルを利用することができます。
同じアライアンス以外でも、提携先航空会社の便の特典航空券を利用することができます。
例えばJALのマイルを使って、キャセイパシフィック航空で香港へ行ったり、ブリティッシュエアウェイズでロンドンに行くことができます。
ANAのマイルならば、シンガポール航空やユナイテッド航空の特典航空券に利用できるのです。

さらに、2社以上の航空会社を組み合わせて特典航空券を予約することも可能です。
たとえば南アフリカに行くなら、東京から香港までJALを使い、香港から南アフリカまでキャセイパシフィック航空を使う、ということができます。
またバンコクへ行く場合、往路はANAに乗り、復路はタイ国際航空を使うことも可能です。
こうした方法を駆使することで、特典航空券を手に入れるチャンスは大きく広がります。

一点注意しなければならないのは、提携先航空会社で特典航空券を利用する場合、JALやANAの自社便を使う時よりも、必要マイル数が増えるケースが多いということです。
また、特典航空券の予約開始日もJALやANAとは異なりますので、事前のチェックが不可欠です。

もし確保できれば値千金の、繁忙期の特典航空券。次の休暇は旅行の予定を早めに決めて、特典航空券の確保にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  
このコラムが気に入ったら
「いいね!」 をしよう

コメント(0件)
お名前
E-Mail
コメント

クレジットカード絞り込み検索

国際ブランド
年会費
カードの種類
保険・補償
マイレージ
電子マネー
機能・特徴
キーワード

只今の該当件数:233

この条件で検索