クレジットカード得するコラム
2015年05月25日更新

クレジットカードの中でも絶対的な存在感を示しめす、楽天カード

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

数あるクレジットカードのなかでも、絶対的な存在感を示すクレジットカードがあります。「楽天カード」です。

楽天カード
楽天カード
詳細はこちら≫

昨今の日本でいえば、1位、2位を競う知名度を誇るクレジットカードでしょう。今更説明の必要がないかもしれませんが、その魅力をいくつか紹介したいと思います。

まず、大きなメリットに楽天スーパーポイントがありますが、他サイトに具体的な説明が多いので、ここでは詳細を割愛したいと思います。ただあえて、特徴を挙げるならば「とにかくポイントが貯まりやすく。使いやすいクレジットカード」となっています。

他のカードは基本的に、100円1ポイントが貯まります。しかし、楽天の公式サイトで利用すれば2倍の2ポイントを貯めることが可能です。楽天のサイトでポイントを使用する際は、1ポイント1円となり、使い道も申し分ないです。貯めてよし、使ってよしのクレジットカードと言えます。

女性向け楽天PINKカードの登場

楽天PINKカード
楽天PINKカード
詳細はこちら≫

2015年5月に登場したばかりの女性向けカード「楽天PINKカード」も紹介しておきます。特徴としては、女性向けの3つの付帯サービスを、自分でカスタマイズして利用することできます。詳細は以下の通りです。

①「楽天グループ優待サービス」(月額324円)
楽天市場24で対象商品が10%OFF、楽天トラベルの予約が1000円OFF、楽天ブックスが100円OFF、楽天BEAUTYの予約来店で200ポイントプレゼントなど

②「ライフスタイル応援」(月額324円)
TOHOシネマズ1800円→1500円、イタリアントマトCafe Jr.でコーヒー1杯無料、クックパッドプレミアムサービスが2か月分無料など、約11万ジャンルの割引や、特典を利用できる。

③「女性のための保険」(月額30円~330円)
女性特定疾病補償プラン(月額30円)、ケガの補償プラン(月額240円)、携行品損害補償プラン(月額330円)、個人賠償事故補償(月額220円)

サブカードの組み合わせも豊富

楽天カードのもうひとつの大きなメリットといえば、サブカードの選択肢が広いということ。初心者の方にとって、サブカードはメインカードを持ってから先の話となるため、選択肢が広い方がよいです。というのも、クレジットカードを持つ以前は、自分のライフスタイルの在り方や先のことがイメージできないため、メインカードで選択肢を狭めてしまった場合、「良質なサブカード」を持つことができなくなるのです。

では、楽天カードの組み合わせが豊富という意味はなんでしょうか。ずばり、ポイントプログラムの移行の選択肢が多いという意味になります。

例えば、ANAマイルと楽天スーパーポイントの交換は双方向可能。他にも多くのポイントと提携しているので、さまざまなサブカードを選択できます。言い方を換えれば、ANAマイルのように、ある意味、特定の分野に特化し貯める、もしくは使うポイントプログラムとも互換性があるということになります。

デメリットに関しても許容できる範囲

万能そうに見える楽天カードですが、弱点があることもまた事実。しかし、楽天カードの場合は、デメリットを使い手が許容もしくは対処できる範囲だと思います。例えば、楽天カードはETCが有料となっている珍しいクレジットカードです。ただ、この点に関してはサブカードを作る際に、ETCカード無料のクレジットカードを選択をすれば済みます。また、楽天スーパーポイントの有効期限は最後の使用から1年と少し短いという見方もありますが、それを補って余りある使いやすい環境があります。仮に使えなかったとしても、先にお話したように、ポイント移行がしやすいため汎用性があります。そのように、デメリットがある場合でもそれほど気にならないというのが、初心者にとっては大きな魅力となります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  
このコラムが気に入ったら
「いいね!」 をしよう

コメント(0件)
お名前
E-Mail
コメント

クレジットカード絞り込み検索

国際ブランド
年会費
カードの種類
保険・補償
マイレージ
電子マネー
機能・特徴
キーワード

只今の該当件数:245

この条件で検索