クレジットカード得するコラム
  • トップページ>
  • コラム>
  • 電子マネーとクレジットカードは密接な関係に、その理由とは? とっても便利な機能が満載の電子マネーを徹底解剖!
2016年02月02日更新

電子マネーとクレジットカードは密接な関係に、その理由とは? とっても便利な機能が満載の電子マネーを徹底解剖!

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

電子マネーとクレジットカードは密接な関係

○○を制するものは△△を制する。よく耳にする文言かと思いますが、皆さんはどのようなキワードを思い浮かべますか?
スラムダンクの「リバウンドを制するものは…」を思い浮かべた方は、私と同世代かもしれません。

さて、前置きはさておき、本題の電子マネーについて書いていきたいと思います。

実は、電子マネーとクレジットカードは非常に密接な関係にあります。「電子マネーを制するものは、クレジットカードを制する」と言っても過言ではありません。

そもそも、電子マネーとクレジットカードには「キャッシュレス(現金いらず)で支払いができる」という、大きな共通点があります。見方によっては「似たような用途で使うライバル同士」にも見えなくないので、「相性が悪いのでは?」というイメージを抱かれがちです。ただ実際のところは全くそんなことはなく、親和性が非常に高いのです。

①ポイントを貯めやすくなってきた

親和性が高いと言える理由の1つに、ふたつを上手く組み合わせれば「ポイントを貯めやすい」という点が挙げられます。最近では、電子マネーを利用することで貯められるポイントと、クレジットカード利用することで貯めるポイントを、一緒に効率よく貯めることができるようになってきました。

②オートチャージで支払いを円滑に

電子マネーには、お金がなくなるたびにチャージ(入金)しなければならないという欠点があります。気づかぬうちにチャージしたお金が底を尽き、買い物ができなかったというケースも少なくないはずです。加えて、チャージする際には、現金を用意し機械を通さなければなりません。電子マネーを頻繁に利用する人にとっては、チャージはとても面倒な作業です。

さて、そこでクレジットカードの出番です。

電子マネーには、事前にクレジットカードを登録しておくことで利用可能になる、オートチャージという機能が付いています。電子マネーの残高が一定の金額(例えば2,000円など)を下回ると、自動的にクレジットカードで決済が行われ、一定金額(3,000円など)がチャージされます。チャージ忘れなどの煩わしさが省かれるため、利用者の中では便利な機能として重宝されています。

③一体型のクレジットカードが増えてきた

電子マネーやクレジットカードの利用の幅はどんどん広がっています。特にクレジットカードに関しては、ネットショッピングなどで使う機会が増え、生活に必須なアイテムになりつつあると言っても過言ではありません。

そんな時代の変化を反映して、また「どうせ親和性が高いならば」と、電子マネーとクレジットカード一体化する動きが活発に進んでいます。例えば、WAONとイオンカード、SUICAとANAカードなど、一体型のカードをどんどん増えています。

④支払いの際に使い分けができる

さきほど、電子マネーとクレジットカードには、「キャッシュレスで支払いができる」という共通点があると書かせてもらいました。ただ、実際の支払いには、さまざまなシチュエーションや金額の差があります。そんな時、電子マネーとクレジットカードを両方持っていると便利です。

例えば、コンビニで買い物をしたとき、電子マネーでもクレジットカードでも支払いが可能です。しかし、クレジットカードで支払いを行うとセンターに問い合わせるため時間が掛かってしまいます。一方、電子マネーの場合は、ワンタッチで完了。スピード感が圧倒的に異なります。

逆に高額な買い物になってしまうと電子マネーは使えません。電子マネーの多くは、最大で5万円までチャージできるようになっています。つまり、その額を超える場合は支払いができません。そんな場合はクレジットカードを利用することになります。電子マネーは、まだまだ普及中ということもあり、意外と利用できないシーンがあります。そんな時はクレジットカードが活躍してくれるというわけです。

電子マネーサービスは企業同士の熾烈な競争の真っ最中

現在、電子マネーサービスが次々と登場し、サービスを提供する企業はあの手この手を使ってアピール合戦を繰り広げています。結果的に「電子マネーブーム」のような現象が起こりつつあります。実際、電車の切符をお金で購入していると、「Suicaを持っていないの?」となるケースもすでに少なくありません。

なぜ電子マネーが流行っているのでしょうか。これから、その魅力について書いていきたいと思います。

①少額支払いが楽になる

電子マネーで真っ先に頭に思い浮かぶことは、「少額支払いが楽」ということ。小銭での支払いはとにかく億劫なものですが、これをワンタッチで済ますことができるのは大きなメリットと言えます。

クレジットカードでも少額支払いは可能であり、小銭で支払うよりも楽。ただ人によっては、少額でクレジットカードを使うことに抵抗がある方もいらっしゃいます。そういった場合、電子マネーが大活躍してくれます。

②駅の改札口で時間短縮、通勤や移動に便利

電子マネーを使えば、駅の改札口をワンタッチで通過することができ、非常に便利です。電子マネーが無かった頃は、券売機でいちいち並んで切符を購入しなければなりませんでした。電車の出発時刻が迫っているのに、切符がなかなか買えない。皆さんも、そんな焦りを少なからず経験したことがあるかと思います。

電子マネーは、そのような余計な作業を軽減してくれますし、改札口の通過をスムーズにしてくれます。「定期を持つまでいかないけど、よく電車を使う」という方や、営業で電車を利用するサラリーマンの皆さんにとっては強い味方と言えるでしょう。

③ポイント還元率が良く節約もできる

電子マネーのもうひとつの大きな魅力は、ポイント還元率が良いということ。各電子マネーには、それぞれ独自のポイントプログラムが存在し、どれも素晴らしい還元率でサービスを提供してくれています。

また、ポイントプログラムの使い勝手がよく、使い方もシンプルです。ほとんどのサービスが、1ポイント=1円で利用することができるため、ポイント還元の効果をすぐに実感できます。これまで、ポイントというものは、コツコツと貯めて一気に使うといのが一般的でした。ただ、使用前に有効期限が切れてしまったりと、有効活用できないケースも少なくありませんでした。電子マネーは、その問題を解消してくれます。

④クレジットカードとの相性も抜群

電子マネーはクレジットカードとの相性が非常に良いです。電子マネーサービスを利用するときは、クレジットカード選びも併せて進めるとよいかと思います。例えば、電子マネー「WAON」であれば、オートチャージやポイントの多重獲得を狙える「イオンカードセレクト」。非常に効率よくポイントが貯まっていくため、節約具合が実感できます。他にも相性の良い、電子マネー&クレジットカードの組み合わせがいくつも存在します。

⑤お金の管理がしやすい

電子マネーを利用する上での魅力のひとつに、「お金の管理がしやすい」というものがあります。「今月は○○円をチャージして、これ以上は使わない!」という線引きをすることで、「現金」の節約が楽に行えます。

さらに、電子マネーの支払い履歴は、インターネットなどで確認することができます。それらの履歴は、使い方によっては家計簿のような役割も果たしてくれます。無駄遣いがあればすぐに確認することができますし、しかも「利用明細」という形で履歴が保存されるので、お金の管理が非常に楽になります。

「電子マネー」と「おサイフケータイ」の違い

電子マネーと聞くと、連想されるキワードがあります。すでにポピュラーになって久しい「おサイフケータイ」です。このふたつにはどのような共通点や違いがあるのでしょうか。

①おサイフケータイのイメージ=電子マネー

おサイフケータイには、「Suica」や「nanaco」「WAON」など電子マネーと同等の機能があると理解してもらってよいかもしれません。というよりも、そもそも電子マネーというサービスは、おサイフケータイがベースとなっていると言っても過言ではありません。

②おサイフケータイとは?

そもそもおサイフケータイとはどんなサービスなのか。サービス開始からすでに長い年月が経過しているため、今さら聞けないと考えている方もいるかもしれません。ここでは、そんなおサイフケータイについて、改めて説明させていただきたいと思います。

大きな違いは、電子マネーがカード型なのに対し、おサイフケータイはスマホ・ガラケーが決済端末になります。つまり、おサイフケータイを使用するためには携帯のキャリア端末が必要になります。

ただそれだけだと、「電子マネーと変わらないのでは?」と感じる方もいらっしゃるかと思いますので、ここからは、電子マネーにはない「おサイフケータイのメリットと特徴」について書いていきたいと思います。

例えば、おサイフケータイで好きなアーティストのコンサートのチケットを購入したとします。通常であれば、購入したチケットを持参して、コンサート当日にそのチケットを受付に手渡すという流れになります。しかし、おサイフケータイでチケットを購入すれば、チケットを持って行かなくても、指定された場所におサイフケータイをタッチするだけで入場が可能になります。他にも航空券などにも対応しているため、非常に汎用性の高いサービスとなっています。一方、電子マネーにはそのような機能はついていません。

③携帯で全て完結できるというメリット

おサイフケータイを使えば、ほとんどの決済をスマホおよびガラケーで完結させることができます。一方、チャージや利用履歴の確認なども簡単に行うことができます。チャージに関しては、クレジットカードの番号を入れるだけでOK。カード型の電子マネーの場合、そこまで細かいサービスに対応していないケースが少なくありません。

④おサイフケータイのデメリット、スマホ・ガラケーを落とした時点で終了!?

おサイフケータイのデメリットとしては、携帯端末を紛失してしまった場合、大きな損害を被るということ。とはいえ、電子マネーでもクレジットカードでも財布でも、紛失のリスクについては同じことが言えるので、特別なデメリットとは言い難い点もありますが…。いずれにせよ、紛失してしまった場合は不正利用されてしまう可能性も否定できませんので、ただちに対象のサポートセンターに連絡をして、停止措置などの対応をとってもらうようにしましょう。

⑤おサイフケータイはiPhoneでは使えない

おサイフケータイはiPhoneでは使えません。理由はシンプルで、おサイフケータイというサービスが日本独自のものであり、アップル社には提供されていないからです。したがっておサイフケータイが絶対に必要という方は、Android系のスマホが選択肢となります。

今オススメしたい電子マネー「おこづかいQUICPay」

子供を持つ親にとって、子どもの教育はひとつの大きなテーマです。特にお金に関する教育はとても重要なもののひとつ。これまで、「月ごとにお小遣いを渡し、やりくりさせる術を身につけさせる」という方法を取る方も多かったと思います。子供のお金の使い道を見て、色々とアドバイスを送りたいという方もいらっしゃるでしょう。

そんな皆さんにおススメしたいのが「おこづかいQUICPay」という電子マネーサービスです。同電子マネーは、子供をターゲットに絞ったサービスとなります。

「おこづかいQUICPay」はもともと、おサイフケータイがベースとなっているサービスです。申込も簡単で、多くの方がすでに利用しています。ただ、スマートフォンの購入が必須で、そのほかにも10歳以上から利用可能など条件がいくつかあります。

①「おこづかいQUICPay」の特徴

「おこづかいQUICPay」の特徴は大きく5つあります。

・上限が設定できるため使い過ぎを防止できる。
・後払い型となっているためチャージが不要(後日クレジットカードから引き落とされる)
・メールで利用状況を知らせてくれる
・利用残高をスマホから直ぐに確認することができる
・QUICPayを利用できるお店で利用ができる

注目したいのは3つめの「メールで利用状況を知らせてくれる」というもの。子供がどのような店で、どのような買い物をしたのか、すぐにチェックすることができます。親としては、利用状況がしっかりと把握できれば、教育上のアドバイスを送ることもできます。

②使い過ぎ防止にも役立つサービス

「おこづかいQUICPay」のメリットとしてもうひとつ特筆したいのは、使い過ぎ防止できるというもの。一般の電子マネーでも、チャージに限度額があるので使い過ぎを防止することができますが、「おこづかいQUICPay」は毎月3万円までと、明確にチャージの上限が決まっています。

他の電子マネーの場合は、月に何回もチャージすることができ、そのような制限はありません。差別化された機能を上手に利用できれば、子供のお小遣い管理や、使い道の教育に大いに役立ってくれるはずです。

③「大人」が利用している家庭も

これまで「子供が利用する」ということを前提に、「おこづかいQUICPay」の話を進めてきました。一方、大人が利用しているケースもあります。例えば、「夫のお小遣いの管理」のために妻がサービスを利用するというもの。つまり、夫のお金の使い道を監視するために、「おこづかいQUICPay」を利用しているというわけです。賛否両論がある話かとはと思いますが、いずれにせよ、そのようなさまざまな形で利用されているということをお伝えしておきたいと思います。

すでに様々な形で普及する電子マネー。今後、お財布を持って買い物をする姿が、逆に珍しくなくなる日が来るかも知れませんね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  
このコラムが気に入ったら
「いいね!」 をしよう

コメント(1件)
スーパーコピーブランド 2018年07月02日
過半数の消費者からの良い評判を獲得していた。
我々自身の生産拠点と生産設備を持って、
製品の質を保証すると消費者にサポートするために、製品も工場で厳格な人工的なテストを受けました。
消費者の継続的なサポートに感謝するために、そして、企業が低コスト、高品質な製品を提供してあげます。
弊店に望ましい製品を見つけることを願って。
ここで、弊社が皆の仕事でも幸せな人生でも成功することを望んてあげます。
誠にありがとうございます。
スーパーコピーブランド http://www.nawane111.com/panerai.htm
お名前
E-Mail
コメント

クレジットカード絞り込み検索

国際ブランド
年会費
カードの種類
保険・補償
マイレージ
電子マネー
機能・特徴
キーワード

只今の該当件数:245

この条件で検索