クレジットカード得するコラム
2013年04月22日更新

ANA&JALマイレージ詳細比較

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

JAL,マイレージバンク フライトや日常生活でマイルが貯まる、日本航空のマイレージプログラム【JALマイレージバンク(JMB)】。上手にマイルを貯める方法をご紹介!

ここではANAとJALが運営しているマイレージサービスについて書いていきたいと思います。まずは、ANAが運営するマイレージサービス「マイレージクラブ」です。

特典航空券との交換

マイレージクラブでタダで飛行機に乗るためには、どれくらいのマイルが必要なのでしょうか。 例をひとつ挙げます。

ANA東京⇔大阪往復

  • L(ローシーズン) 10,000マイル (一部の期間を除く1~2月、4月、12月)
  • R(レギュラーシーズン) 12,000マイル(一部の期間を除く3月、5月~11月)
  • H(ハイシーズン) 15,000マイル(年末年始、ゴールデンウィーク、3月後半など)

 

ANAカードの種類

ANAのマイルを貯める為のクレジットカードにはいくつかの種類がありますのでご紹介します。ライフスタイルにもっとも適したのを選びましょう。

ANAカード

一般カード年会費2100円、ワイドカード年会費7612円、更に上のクラスにワイドゴールドカード、プレミアムカードなどがあります。クレジット機能はMasterカード、VISAカード、JCBカードなどのなかから、自分の好きなものを選ぶことができます。 クレジットカードの利用額に対してもマイルが加算されるので、航空券の購入はもちろん、日常の買い物でもマイルを貯めることができます。また、電子マネー楽天EdyやETC機能も付いています。楽天Edyの代わりにSuicaやPASMO機能が付いた種類のクレジットカードもあります。

ワイドカードは年会費が一般のカードより割高ですが、飛行機に乗った時のマイルの貯まり方が多くなります。 そのため、飛行機に乗る回数の多い人には、とてもお得なクレジットカードとなります。

ANAマイレージクラブカード(Edyカード)

クレジット機能無しでマイルを貯めることに特化したベーシックなカードです。 年会費は無料です。電子マネー楽天Edyの有無を選ぶことができます。マイルを貯める速度は遅くなりますが、クレジットカードを持ちたくない、年会費を払いたくないという人に向いているカードです。

ANA提携カード

提携企業のクレジットカードにANAのマイレージクラブ機能が付いたカードになります。年会費は提携先によって異なり、無料のクレジットカードと有料のクレジットカードがあります。 提携カードの一例を挙げてみましょう。

①みずほマイレージクラブカード/ANA
みずほ銀行のICキャッシュカード、クレジットカード機能に電子マネー楽天Edy、ANAマイレージクラブなどの機能が1枚にまとまったカードです。セゾンの永久不滅ポイントも貯まります。みずほ銀行をメインバンクにしている利用者にとっては、すべてを1枚で済ませることができ、とても便利なクレジットカードとなっています。
②ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード
とても長い名前のクレジットカードですが、ポイント機能は強力です。ANAのマイルの他、ヤマダポイント、セゾンの永久不滅ポイントが同時に貯まります。また、月額300円~必要な補償のみ選んで保険を掛けることのできるセゾンカードの保険サービスSuper Value Plusを利用することができます。家電はヤマダ電機&LABI派という人には利用価値大のクレジットカードです。

 

ANAマイレージクラブの特徴まとめ

ANAマイレージクラブの特徴は、なんといっても世界一の規模をもつスターアライアンスというグループに参加しているという点です。世界各国のスターアライアンス加盟の航空会社を利用した場合でも、ANAのマイルが貯まります(マイルの加算割合はANA便を利用した時に比べ低くなります)。また、大部分のカードに電子マネーEdy機能がついているため、コンビニでのちょっとした買い物をする際などにも便利です。自分の日常生活とクレジットカードの種類・機能をうまく組み合わせれば、効率よくマイルを貯めることができます。

次に、JALのマイレージサービスである「JALマイレージバンク」について見ていきましょう。

特典航空券との交換

JALマイレージバンクでタダで飛行機に乗るためには、どれくらいのマイルが必要なのでしょうか。 例を挙げます。

JAL東京⇔大阪往復

  • 通常12,000マイル(JALカード会員 11,000マイル)
  • ディスカウントマイル期間 10,000マイル(年末年始を除く11月~2月頃)

 

JALカードの種類

JALのマイルを貯める為のクレジットカードにはいくつかの種類があるので、ここでご紹介します。ライフスタイルにもっとも適したのを選びましょう。

JALカード

一般カード年会費2100円、CLUB-Aカード年会費10500円、更に上のクラスにCLUB-Aゴールドカード、プラチナカードなど。クレジット機能の付いたカードです。クレジット機能はMasterカード、VISAカード、JCBカード、JALカードSuicaなどの中から、自分の好きなものを選ぶことができます。 クレジットカードの利用額に対してもマイルが加算されるので、航空券の購入はもちろん、日常の買い物でもマイルを貯めることができます。

CLUB-Aカードは一般カードより年会費が割高ですが、「ボーナスマイル」制度でマイルが多くもらえたり、クレジットカードに付帯している旅行保険の補償が手厚いなどのメリットがあります。 飛行機に乗る回数が多い人にはメリットが大きく、また他のクレジットカードよりも手軽にゴールドカードに近いサービスを受けることができるため、ビジネスマンなどに人気のカードになっています。

JALマイレージバンクカード(JMBカード)

クレジット機能無し、マイルを貯めることに特化したベーシックなカードです。年会費は無料で、IC機能、電子マネーWAONがついています。 マイルを貯める速度は遅くなりますが、クレジットカードを持ちたくない、年会費を払いたくないという人に向いているカードになります。

JMB提携カード

提携先のクレジットカードにJMB(JALマイレージバンク)機能が付属したカードです。年会費が無料のクレジットカードと有料のクレジットカードがあります。提携カードの一例を挙げてみましょう。

①TOP&ClubQ JMBカードPASMO(VISA/Master)
東急グループのカード「TOP&」とPASMO機能が付いています。東急沿線に住んでいる人におすすめのクレジットカードです。
②イオンJMBカード(VISA/Master/JCB)
イオン各店舗での買い物がお得になるイオンのクレジットカードに、電子マネーWAON機能もついています。毎月JALのマイルが2倍貯まるサービスデーもあるので、普段の買い物はイオンがメインという方にとってマイルが貯まりやすいクレジットカードです。
③JMBローソンPontaカードVisa(VISA)
ローソンのポイントPontaとJALのマイルを相互交換できるので、貯めたマイルをローソンなどですぐ使うことができます。現金・クレジットカードどちらの支払い方法でもポイントが貯まるのが魅力です。
④BIC CAMERA JMB WAONカード
ビックカメラのポイントカード, 電子マネーWAON機能とJMB機能が一枚になったカードです。クレジット機能はついていません。

 

JALマイレージバンクの特徴まとめ

JALマイレージバンクの中でも、JALカードの会員になるとマイルの貯まり方が格段に速くなります。 まず入会時や更新後初めて飛行機に乗った時にボーナスマイルがもらえます。普通会員なら各1000マイル、CLUB-A会員ならば入会時に5000マイル、更新後2000マイルももらえます。さらに、JAL便に乗る度に、毎回通常の10%(CLUB-A会員は25%)が割増しでもらえます。

また、買い物でもマイルが貯めやすい仕組みができています。ショッピングマイル・プレミアムという、年会費3150円でマイルが倍貯まるサービスが提供されています。通常200円で1マイルのところ100円で1マイル貯まるので、買い物でマイルを貯めたい人にとってはとても魅力的なプログラムです。自分の日常生活とカードの種類・機能をうまく組み合わせれば、上手くマイルを貯めることができそうです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  
このコラムが気に入ったら
「いいね!」 をしよう

コメント(0件)
お名前
E-Mail
コメント

クレジットカード絞り込み検索

国際ブランド
年会費
カードの種類
保険・補償
マイレージ
電子マネー
機能・特徴
キーワード

只今の該当件数:233

この条件で検索