三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード

知名度と信用、そしてステータスを兼ね備えた国内を代表するゴールドカード!

国内で最初にVISAカードを発行する三井住友VISAゴールドカードは、高い信用とステータス感で高い人気を集め、国内を代表するゴールドカードです。有効期限3年で一般カードの2倍のボーナスポイントを得られるポイントサービス、最高5,000万円の傷害旅行保険、全国27空港でのラウンジサービス、通常年会費5,000円のハーツNo.1クラブ・ゴールド無料入会、無料医療相談サービス「ドクターコール24」、ゴールド会員専用のインフォメーション窓口など、ゴールドならではの充実したサービスが満載です。そして通常10,500円の年会費が「カードご利用代金WEB明細書サービス」と「マイ・ペイすリボ」とに同時登録とすることで年会費が減額されるので非常にお得です。

年会費 利用限度額 発行スピード ポイント還元 旅行保険 電子マネー
初年度 2年目以降 海外 国内
インターネット入会の場合初年度年会費無料(通常年会費 税抜10,000円+税) 税抜10,000円+税(条件により税抜4,000円+税まで割引) 70~200万円 発行会社にお問い合わせください。 0.5%
  • 年会費無料
  • スピード発行
  • ポイントが貯まる
  • ポイント有効期限なし
  • 初めての1枚に
  • 海外旅行におすすめ
  • マイルが貯まる
  • 空港ラウンジ利用可
  • 電子マネー対応
  • ETCカード発行可

キャンペーン情報

今ならもれなく最大10,000円分キャッシュバック!

■キャンペーン期間:2018年9月28日まで!

※詳しくは公式HPをご確認ください。

  • チェックする
  • お申込みはこちら

国内初でVISAカードを発行した三井住友VISAゴールドカード。高い信用・信頼とステータスで人気を集めており、国内を代表するゴールドカードとなっています。医者への24時間電話相談「ドクターコール24」の利用、全国27空港でのラウンジ使用、会員制宿泊予約サービス「relux」の利用、各種海外・国内旅行保険・ショッピング保険などさまざまな特典が付いており、魅力的なクレジットカードとなっています。

それではひとつずつ見て行きましょう。まずは年会費です。

三井住友VISAゴールドカードの初年度の年会費は、本会員・家族会員(1人目)のいずれも無料となっています。2年目以降、本会員10,800円(税込)、家族会員1人目は無料、2人目以降1,080円(税込)となります。

年会費が少し高いのではないかという方もいらっしゃると思うのですが、2年目以降の年会費は安くすることが可能です。例えば、リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」に登録し、年間1回以上のカード利用があれば、翌年度の年会費が半額になります。加えて本会員は、「Web明細サービス」に登録し、年間6回以上の請求があれば、さらに1,080円(税込)の割引が受けられます。つまり、このふたつを組み合わせれば、実質的な負担は4320円(税込)で済むことになります。なお、ETCカードも発行手数料・年会費無料となっています。(※年1回以上のETCカード利用がない場合は、翌年540円(税込)の年会費がかかります)

次にポイント還元の仕組みと、ポイントアップサービス「ポイントUPモール」について解説します。

VISA加盟店で三井住友VISAゴールドカードを利用すると、基本的に1,000円につき1ポイントが付与されます。1ポイント5円相当、還元率0.5%となります。加えて、年間50万円以上の利用で+0.1%のボーナスポイントがもらえます。合計還元率は0.6%です。同様に100万円以上だと+0.15%のボーナスポイントが付き、合計還元率は0.65%となります。

一方、「ポイントUPモール」を経由してショッピングをすれば、通常時の2倍~11倍、1%~5.5%のポイント還元が受けられます。ちなみに、還元率は時期やショップによって変化しますので、加盟店毎の詳細については、https://pointupmall.com/からご確認ください。

獲得したポイントは「ワールドプレゼント」(VISAカードのポイントプログラム)を通じて、楽天スーパーポイント、Tポイントなど他のポイントサービスに交換したり、VJAギフトカード、amazonギフトカードなど商品と交換することが可能です。こちらも、さまざまなラインナップがあるので、公式サイトで確認することをおススメします。(https://www.smbc-card.com/mem/wp/keihin.jsp

なお、三井住友VISAゴールドカードのポイントの有効期限は3年間と長め。他のクレジットカードのなかには、ポイント有効期限が1年というものも少なくないので、その点は非常にお得なカードとなります。

三井住友VISAゴールドカードの魅力のひとつは、日本各地の空港と提携しているという点です。提携しているラウンジは、成田国際空港「T.E.Iラウンジ」、羽田空港第1旅客ターミナル「エアポートラウンジ」、羽田空港第2旅客ターミナル「エアポートラウンジ」、羽田空港国際旅客ターミナル「SKY LOUNGE/SKY LOUNGE ANNEX」など多数。カードと搭乗券を受付に見せれば利用が可能となっています。また、上に挙げた特典以外にも、300万円以内の金額を保証してくれる「ショッピング保険」や、「電子マネーiDが無料」、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)1日券割引購入」などのサービスが付いています。

カードのデメリットは特にないのですが、実際の利用者の口コミでは「無難なカード」という評価もチラホラ。というのは、ポイント還元率などで他クレジットカードと比較した際に、突出したメリットがないというのがその理由となっているようです。また審査が他のカードと比べて若干厳しいという条件もあるそうです。一方で、ポイント交換先が多いという高評価もあり。既存のクレジットカードの中では安定したパフォーマンスを発揮しますので、選択肢のひとつとしては“あり”な一枚だと考えられます。

  • チェックする
  • お申込みはこちら

三井住友VISAゴールドカード 基本情報

カード名 三井住友VISAゴールドカード
国際ブランド
入会資格 原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方 ※ゴールドカード独自の審査基準があります。
発行スピード 発行会社にお問い合わせください。
年会費 初年度 インターネット入会の場合初年度年会費無料(通常年会費 税抜10,000円+税) 家族カード 初年度 1人目無料、2人目から税抜1,000円+税
2年目以降 税抜10,000円+税(条件により税抜4,000円+税まで割引) 2年目以降 1人目無料、2人目から税抜1,000円+税
ETCカード 年会費 税抜500円+税 (初年度年会費無料)
発行手数料 無料
備考 2年目以降の年会費は前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば無料
電子マネー

金利・支払い方法

ショッピング
金利・手数料
利用限度額 70~200万円 支払い方法 1回払い
分割利率 12.00%~14.75% 2回払い
リボ利率 実質年率15.00% ボーナス払い
キャッシング
金利・手数料
利用限度額 0~50万円 リボ払い
利率 実質年率18.00% 分割払い
遅延損害金 年20.00% その他 -
締め日 15日または月末 ※選択可 支払日 15日または月末 ※選択可

ポイントプログラム

ポイントクラブ名 ワールドプレゼント
概要 利用金額に応じてボーナスポイント加算。貯まったポイントは景品・ギフトカードへの交換や、キャッシュバック、ANAマイレージやドコモプレミアクラブ、ドコモコイン、ビックカメラなど、他ポイントプログラムにも移行可。ポイントUPモールでのショッピングはポイント2倍~20倍。
付与率 1,000円利用=1ポイント ※ボーナスポイント 【V1(ブイワン)】年間カード利用50万円以上:翌年50万円利用でボーナス 100P、以降10万円ごとに20Pのボーナス。 【V2(ブイツー)】年間カード利用100万円以上:翌年50万円利用で150P、 以降10万円ごとに30Pボーナス。(ゴールド会員は)翌年年会費が20%引き 【V3(ブイスリー)】年間カード利用300万円以上:翌年50万円利用で300P、 以降10万円ごとに60Pボーナス。(ゴールド会員は)翌年年会費が半額
還元率 0.5%
有効期限 3年間
ポイントモール名 ポイントupモール
提携ポイント ドコモプレミアクラブポイント、ベルメゾンポイント、ジョーシンポイント、auポイント、ビックカメラポイント、ヨドバシカメラゴールドポイント、JBOOKポイント、楽天スーパーポイント、ショップdeポイント(PiTaPa)、Tポイント、Edy、WAONポイント、Gポイント、カエトクカードへチャージ、nanacoポイント、ANAマイレージクラブ、クリスフライヤー、クラブ・ミッレミリア

マイレージ

主な提携マイレージ ANAマイレージクラブ
交換 ワールドプレゼント1ポイント=ANAマイレージクラブ3マイル
還元率 0.3%
移行手数料 無料
最低交換単位 100ポイント以上100ポイント単位
移行日数 約1週間

付帯保険・補償

海外旅行損害保険 補償内容 本人会員・家族会員 家族特約対象者
死亡・後遺障害保険 最高5,000万円※自動付帯:1,000万円/利用付帯:4,000万円 最高1,000万円
傷害治療費用 最高300万円 最高200万円
疾病治療費用 最高300万円 最高200万円
賠償責任 最高5,000万円 最高2,000万円
携行品損害 50万円限度※1個または1対につき10万円限度 ※乗車券、パスポートなどについては5万円限度 最高50万円
携行品損害(自己負担額) 3,000円 -
救援者費用 最高500万円 最高200万円
補償期間 最長3カ月間 -
付帯条件 自動付帯
付帯条件 補足事項 海外旅行の目的をもって日本国内の住居を出発されてから住居に帰着されるまでの間で、かつ、日本を出国した前日の午前0時から日本に入国した翌日の午後12時まで。ただし、日本出国日から3カ月後の午後12時(24時)までを限度とします。
家族特約の対象 本会員と生計を共にする同居の親族または、別居の未婚の子で、19歳未満の方
国内旅行傷害保険 補償内容 本人会員・家族会員 家族特約対象者
死亡・後遺障害保険 最高5,000万円※自動付帯分:最高1,000万円 ※利用付帯分:最高4,000万円 -
入院費用(日額) 5,000円 ※事故日から180日限度 -
通院費用(日額) 2,000円 ※事故日から180日以内、90日限度 -
手術費用 最高20万円 ※1事故につき1回の手術 (保険金額=所定の倍率×入院保険金日額) -
補償期間 最長3カ月間 -
付帯条件 自動付帯
付帯条件 補足事項 公共交通乗用具に乗客として搭乗中の事故、宿泊施設に宿泊中の火災・爆発よる事故、宿泊を伴う募集型企画旅行参加中の事故などが対象
入院・通院・手術には7日の免責期間(8日目以降、入院・通院の状態にある場合、1日目から保険金が支払われます)があります。
家族特約の対象 本会員と生計を共にする同居の親族または、別居の未婚の子で、19歳未満の方
ショッピング保険 年間補償額 年間300万円限度
自己負担額 3,000円
補償対象 海外・国内でのカードによる購入品の破損、盗難などによる損害を補償
補償期間 ご購入およびご購入日の翌日から90日間
オンライン・プロテクション ※VpassID安心サービス
盗難紛失補償 紛失・盗難の届出日の60日前から期限なしで損害を補償。
その他の保険・補償 VpassID安心サービス ※詳細は公式サイトをご参照ください。

カード払い対応

電気 東京電力・東北電力・北陸電力・中部電力・関西電力・四国電力・九州電力・沖縄電力
ガス 北海道ガス・いちたかガスワン・東彩ガス・東京ガス・京葉ガス・千葉ガス・大多喜ガス・東邦ガス・大阪ガス・広島ガス・四国ガス・西部ガス、九州ガス・筑紫ガス
水道 各地域の水道局を参照ください
新聞 朝日新聞・産経新聞・毎日新聞・読売新聞・東京新聞・西日本新聞
携帯電話・PHS NTTドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイル
固定電話 NTT東日本・NTT西日本・NTTコミュニケーションズ・KDDI・ソフトバンクテレコム・東京電話、フュージョン・コミュニケーションズ・メディア
インターネットプロバイダー Yahoo!BB・OCN・BIGLOBE・@nifty・AOL・hi-ho
受信料 NHK・WOWOW・スカパー!・J:COM
その他 国民年金保険料など(※国民年金保険料の支払い分はポイント計算の対象外)

空港サービス

空港ラウンジ利用 国内 プライオリティパス 国内 -
海外 - 海外 -

ロードサービス

ロードサービス付帯 -
ガソリン代割引 スタンド -
割引内容 -

クレジットカード発行会社

会社名 三井住友カード株式会社
所在地 大阪府大阪市中央区今橋4-5-15
登録番号 日本貸金業協会会員 第001377号
近畿財務局長(11)第00209号
  • チェックする
  • お申込みはこちら

クレジットカード絞り込み検索

国際ブランド
年会費
カードの種類
保険・補償
マイレージ
電子マネー
機能・特徴
キーワード

只今の該当件数:245

この条件で検索